2017/3/7放送のあさイチ!は「にら」特集でした。にらは葉はビタミンたっぷりのほうれんそう、軸は元気のもとのにんにく、という“一石二鳥”の野菜。あさイチ!では「にら万能調味料」レシピ&保存法を紹介します。「にら万能調味料」イチ押しです。




あさイチ!にら万能調味料レシピ

にらはとても栄養価が高いですし、調味料としても重宝します。さらに様々な料理に変化ができ、さらにさらに嬉しいことには保存期間も長いので冷蔵庫には常にストックしておきたい野菜です。

にらの栄養価

餃子やレバニラ・ニラ玉でお馴染みのニラ。「にら」は今が旬です。ニラをつける料理が多い割には主役にはならない印象ですが、薬味にもなり調理法も豊富です。

また、ビタミン類、カルシウム・鉄などのミネラルも多く含んでいます。特にカリウムや骨の健康維持に役立つビタミンKなどもふくまれていますから女性にはとても嬉しいですね。

さらに食物繊維が豊富なのでダイエット中でも役に立ってくれますし、疲労回復に効果やスタミナ強壮も期待できます。




あさイチ!にら万能調味料レシピ

「にら万能調味料レシピ」は、にら農家の方々ががオススメ料理を紹介してくれました。

万能調味料の作り方は、にらを細かく切り、しょうゆ、しょうが、七味とうがらし、ごま油を入れて、2、3時間おくだけです。豆腐にかけたり、チャーハンや野菜サラダ使ったりできるほか、ギョーザのたれにも使えて、おかずを作る時に大変重宝します。

この万能調味料のおいしさの秘密は、にらの香りのもとが、酵素と結合してアリシンになり、、しょうゆのアミノ酸と結合してうまみがアップしためでした。

【材料】

にら      1束
しょうゆ    100ミリリットル
ごま油     小さじ1
しょうが    大1かけ
七味      小さじ1

【材料】
1.にらは細かく刻み、そのほかの材料と混ぜ合わせる

2.冷蔵庫で2、3時間おく。

*保存は2ヶ月程可能です

にらキムチ

こちらは、わたしのおススメの一品です。

普通のキムチを買ってくると必ずしちゃいます。

【作り方】
市販のキムチに細かくきざんだニラを混ぜるだけです

*きゅうりなどでもできますが、水分の多い野菜はあまり向いていません。
ニラは水分がすくないので向いています。他には人参を千切りにしたものを入れてもOKです。

キムチを買った時においしいタレがもったいないと思ったのと、ニラがちょうどあまっていたので作ったらとても美味しかったです。




にらを長もちさせる保存法

にらの袋の開いている部分を輪ゴムでとめ、冷蔵庫に入れて保存します。
輪ゴムでとめると、にらの呼吸を抑制することができ、老化のスピードを抑えられます。

これで4~5日は新鮮な状態を保つことができます。

さらにもっと長い間保存したい場合は冷凍保存がおススメです。

ニラの冷凍保存

よく水分を切って、ニラをカットしたら、タッパーかフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。
しっかり水気を切っておくと、かたまりにならないので、使いたい分だけ使うことができます。

*保存期間は1~2ヶ月
*なるべく早く処理をして保存するとより長く保存できます