2017/3/14あさイチでは海藻の「アカモク」が特集されました。アカモクはひじきの仲間ですが花粉症改善やダイエットにも効果のスーパーフードなのです。
あさイチでは、「アカモク」の成分や花粉症改善やダイエット効果が紹介されました。




アカモクとは?


「アカモク」って聞き慣れない名前ですが、海藻の一種でひじきの仲間です。

生命力がとても強くて、漁師さんたちに「邪魔モク」とよばれていたらしいですね。魚を捕るのにジャマになるのでそんな呼び名になったのですね。「アカモク」食感はねばねばでシャキシャキです。
ところが、今では花粉症に対して効き目があるらしいとか、ダイエットに効果があるとかで美容や健康にいいスーパーフードとして今注目が高まっているんです。

ところでこのアカモクは地方によって、呼び名が違います。

秋田県では、「ギバサ」
山形県では、「銀葉藻(ギンバソウ)」
新潟県では、「長藻(ナガモ)」
また、アカモクの旬の時期は3月~5月です。

「アカモク」のスゴイのは、まずはその栄養価です。

ワカメと比較すると。。。

カリウム   1.6倍
鉄      5.2倍
カルシウム  1.2倍

とかなり栄養価が高いことがわかりますね

海藻類の中でもダントツ、栄養価が特に高い食材なんです。北海道の東部と、日本全国の海に生えているのです。




アカモク、花粉症の効果

また花粉症への効果が高いことが地元でも有名で、あさイチ!では花粉症だった漁師が「アカモクを食べたら症状が和らいだ」って言っていました。

実際の研究でもそれを裏付けるデータが出ているそうです。

なぜ花粉症がよくなるのかというと、アカモクを食べると腸の免疫細胞が刺激されるため、症状を抑える物質が増えるためです。




花粉症への効果を実感するには毎日乾燥タイプで300㎎とほんのわずかの量で大丈夫なのですです。
「アカモク」に多く含まれるネバネバ成分のフコイダンが省内環境を劇的に改善する効果があって、花粉症やアレルギーの緩和にも効果があるのです。
フコダインには、免疫細胞を活発にする作用と免疫機能を正常に整える作用がある

『鼻水や目のかゆみなど花粉症の症状を緩和する』つまり花粉症に効果がある、
ことがわかってきたのです。
もちろん、個人差はあるでしょうけれど、試してみる価値はありそうですね。

ネバネバだけどシャキシャキ 海の自然薯 福岡県・玄界灘産アカモク280g

ぎばさ(アカモク) 5袋セット

スーパーでは見かけないものなので、調べてみるとアマゾンにありました。わたしは現在、花粉症が治ってしまっていますが、ダイエットにもよさそうなので一度おためしで買ってみようとおもいます。

 

 

アカモク、ダイエット効果も!

アカモクは花粉症だけではなく、ダイエットにも効果があります。

アカモクに含まれている「フコキサンチン」という成分が脂肪の燃焼効果をアップさせてくれるからです。アカモクがこのフコキサンチンが一番多く含まれているのです。だからアカモクはダイエットにも最適な食べ物なんですね。
特に旬のアカモクにはこの成分が3倍も含まれています。

ダただ、イエット効果を期待するなら1日10gの摂取することがひつようなのだとか。花粉症改善よりは多くの量になりますが、少しでも食べているとそれなりの効果は必ずあるでしょうから試したいですね。




花粉症 食べ物対策

アカモク以外にも花粉症に効果のある食品がありますので、紹介しておきます。

食事は昔ながらの和食に近づけた献立で、それを1日3食摂ること。また肉を少なくして、魚を食べること、野菜は根菜類を多く摂るようにすると花粉症が緩和されるようです。

「L-92乳酸菌」で症状が改善

「L-92乳酸菌」が新たな花粉症対策として専門家からも注目されています。このL-92乳酸菌は、免疫をつかさどる細胞に働きかけ、抗アレルギー作用を引き出してくれることがいくつもの研究から明らかにされているからなのですね。

味もさらっとしていてとても飲みやすいのでおススメです。実はわたし、3年前まで花粉症だったのですが、この「L-92乳酸菌」を朝に1本、そしてその他はルイボスティーや緑茶をしっかりと飲むようにしたら、すっかりと治りました。

せっかくポカポカといい季節になってくるころに花粉症に悩まされるってほんとに辛いですから、花粉症の方は自分に合った方法で早くよくなってほしいです。

花粉症対策 飲み物

「ルイボスティー」


ロイヤルTルイボスティー 有機ルイボス茶 160パック 400g (40パック 100gx4箱)

「ルイボス」とは南アフリカのごく一部の山野にしか自生しない針葉樹のことです。

「ルイボスティー」は、ルイボスの細かな葉を発酵後、乾燥させたもの。南アフリカの先住民からは、健康に効果があることで「不老長寿のお茶」と呼ばれています。

ルイボスティーには免疫力を高める効果があり、花粉アレルギー「ヒスタミン」に有効なフラボノイドを豊富に含みます。

また、ルイボスティーにはアレルギーを引き起こす物質を抑制する、ケルセチンやルテオリンという成分も含まれています。ですからルイボスティーは花粉症だけでなくアトピーなどアレルギー全般に効くのです。

しかも美容にうるさい私がうれしいことには、ルイボスティーに含まれるSODは、この活性酸素を除去することで有名なのです。
 
美容にも嬉しい効果♪

活性酸素は体を酸化させ、老化やアレルギーといった症状を引き起こしすのですが、ルイボスティーには高い抗酸化作用があります。ルイボスティーは、活性酸素を除去するSODの量は、緑茶の50倍・ウーロン茶の30倍もあるんだって!

カフェインも含みませんので、子どもや妊婦さん、お休み前にも、いつでも飲めるのがいいですね。

私の息子が花粉症になったので、ルイボスティーを飲ませるようにしたところ、飲んですぐに効果が出るというわけではありませんが、翌年には花粉症に悩まされなくなって喜んでいます、ですから、飲み続けているうちにアレルギー体質がましになってきた気がします。

「緑茶」

花粉症対策で、ルイボスティーの次におすすめするのは緑茶です。

アレルギーや皮膚病を治すには、まずその原因を取り除くことからはじめなければなりません。お茶にはこれらのアレルギー症状を抑える様々な成分が含まれていて、緑茶はこのヒスタミンが出ることを阻止する効果でアレルギーを抑えます。

緑茶だけで効果を出すためには1日500ml~1?のお茶が必要で、なかなか難しいですが、緑茶は副作用もなく健康によい飲み物ですから、毎日飲むようにしましょう!

緑茶についてはコチラに詳しくかかれています
→ 長生きの食べ物! 緑茶の健康パワー

最後に!

3月14日のNHKあさイチは海藻の「アカモク」が特集でした。アカモクは近年美容や健康にとてもいいと注目を集めているスーパーフードの1つですが、じつはひじきの仲間なのですね。

「アカモク」の効果の中でも注目は花粉症改善「フコダイン」やダイエット効果の「フコキサンチン」にもでした。