2017/4/11あさイチは時短料理の味方、オーブントースター徹底活用術です!フライドチキン、ホクホク・ポテト、しっとりピラフなど時短技を伝授。さらに、あさイチでは、ほんのひと手間で味も食感も激変するバタートーストを紹介します。




オーブントースター活用術!

あさイチではオーブントースターに超詳しい達人たちが、時短・簡単・絶品料理の数々を一挙ご紹介します!

絶品ローストビーフ

ローストビーフ 材料

牛もも肉      250グラム
(高さ約4センチ、幅約12センチにできるだけ切りそろえる)
マッシュルーム   2~4個
塩         適量
こしょう      適量
オリーブ油     適量

ローストビーフ 作り方

1.牛肉に塩こしょうをしっかりまぶし、30分間、室温に出して常温に戻しておきます

2.マッシュルームは3~5ミリ程度にスライスする(エリンギなどでも代用できます)

3.アルミは2重にして、マッシュルームを肉の周りに敷き詰め、オリーブ油を全体にかける。

4.アルミとマッシュルームで肉を覆うように包み、トレーにのせて、オーブントースターに入れる

5.5分間加熱。その後、扉を開けずに20分間置いて、余熱調理

6.肉を取り出してまな板の上でアルミホイルを開く

7.肉に張り付いているマッシュルームをはがして、アルミホイルの上に落とす

8.再び3分間加熱。その後、扉を開けずに15分間放置。
(※肉の表面がしっかり焼けるまで加熱してください)




おいしいバタートースト

新食感のおいしいバタートーストをバタートースト評論家から教わりました。

おいしいバタートースト 材料

6枚切り食パン   1枚
バター       適量

おいしいバタートースト 作り方

1.網にアルミホイルを敷いて、食パンを2~3分間加熱。

2.加熱中に、塗りたい分量のバターをカットしておく

3.パンの表面がしっかり焼けたら、取り出し、アルミホイルに接していた面(焼けていない方)にバターを塗る。

*箸でバターをつまんで、パンが熱々のうちに溶かしながら塗るとむらなくぬりやすいです

※食べるときは、バターを塗った面を下にすると少量のバターでもおいしく食べられます




カリカリ・フライドチキン

オーブントースター弁当のフライドチキンです。衣には、パン粉の代わりにコーンフレークを使います。

フライドチキン 材料

鶏もも肉     5分の1枚(60グラム)
顆粒コンソメ   小さじ4分の1
ブラックペッパー ふたつまみ
マヨネーズ    小さじ1
コーンフレーク(無糖タイプ)6グラム
*コーンフレークを指で2~3ミリになるまで押して砕いておく

フライドチキン 作り方

1.鶏もも肉は厚さ7~8ミリの観音開き、食べやすい大きさにカット

2.1.の肉にコンソメとブラックペパーをもみ込み下味をつける

3.アルミホイルをくしゃくしゃに丸めて広げ、皮目を上にして広げる

4.マヨネーズを鶏肉の表面にスプーンで塗って、砕いたコーンフレークをのせて指で着ける

5.1,000ワットのオーブントースターで、25分間ほど加熱

*※アルミホイルをくしゃくしゃにして凹凸を作ることで、鶏肉とアルミホイルの接着面が少なくなり、溝に余分な油が落ちるので、鶏肉がアルミホイルにくっつきにくくなります

ホクホク・フライドポテト

青のりをまぶすことにより、のり塩味のポテトチップス風味になります。

フライドポテト 材料

じゃがいも     1/2個(50グラム)

(A)
サラダ油      小さじ1
青のり       小さじ2分の1
鶏がらスープのもと ふたつまみ

フライドポテト 作り方

1.アルミホイルをくしゃくしゃに丸めて広げ、じゃがいもを隣どうしくっつかないようにのせて、サラダ油をかける

2.25分間ほど加熱

3.(A)をふりかけて全体にまぶす。

※旬の新じゃがいもを使えば、皮が薄いので皮がついた状態でOK




手作りパン

簡単ですが、本格的なパンができちゃいます。

作り方はコチラ
→ オーブントースター&ポリ袋で本格手作りパン!イチ(4/11)