2017/3/21あさイチでフリースやセーターを長持ちさせるコツが紹介されました。あさイチでセーターの毛玉をきれいに取る方法、フリースをふわふわにする方法など見逃せません。セーター毛玉対策とフリースをふわふわ術はこれで完璧!




フリースのゴワゴワをふわふわに!

教えてくださるのはクリーニング店店主の蔵内幸治さんです。

長年使用しているとフリースのふわふわがへたってゴワゴワになってしまって、着心地も見た目も悪くなってしまいますよね。

そうなってしまうと、ホント残念ですw

フリースのゴワゴワの原因は?

フリースがゴワゴワになる原因は着た後にそのまま洗濯をしてしまうからなのです。着ているうちに繊維が横倒しになり、絡まってしまうことがゴワゴワの原因なのです。

それだと毛足がすべて横に倒れて張り付いてしまったり、絡まって固まってしまうのです。




フリースをふわふわにする武器「クシ」

実はフリースは事前にくしでゴワゴワをほぐし、そのあと洗濯機に入れると簡単にフワフワ感を復活させることが出来るんです。

そこで登場する武器がクシなのです。

洗う前にクシを使って、寝ている毛を縦横とか左右とか色々な方向から毛をとかして毛をおこしましょう。

クシでとかしてから、たたんでネットに入れて洗濯は短時間ですませます。

フリースを長持ち洗濯の仕方・ふわふわにする武器「ドライヤー」

フリースをたたんでネットに入れ、洗濯・すすぎは短時間。洗濯も脱水も3分以内で行うようにします。

そのあと、干すのではなく、乾燥機に温まる程度短時間かけ、ドライヤーを5分程度かけ温風を当てます。

このようにすると、繊維の間に温かい空気を送り込むことでふっくらと仕上がるのです。

ただ、時間のない人は、洗った後、パンパンと10回ほど振り、形を整えて干しておけばいいそうです。

そして、着た後などは、椅子などにかけて放っておくのがいいようです。これで臭いやカビが抑えられます。




セーターなぜ毛玉できる?

毛玉は、摩擦で繊維がからみあってできてしまうものです。ですので、同じセーターは毎日着ないで休ませたほうがいいのです。

セーターを長持ちさせるコツ

セーターを長持ちさせるコツはまず、帰宅したらブラシでホコリを落とします。
特にえり、袖、首周りを念入りにブラシをかけます。

他にも
・続けて連日着ない。1日休ませる。
・着た後は椅子などにかけてひと晩放置させ汗を蒸発させる。

などもポイントです。

セーターの毛玉の取り方

セーターに毛玉ができると、くたびれた感じになってしまってイヤですよね。
老舗クリーニング店の専門家にセーターの毛玉の取り方を教えていただきました。

毛玉の取り方の武器は「コロコロ・クシ」

毛玉を取るまえに、ブラシでセーターのほこりをさっと落します。

そして、毛玉を取るのですが、その武器が

「100円ショップのコロコロ」

なのです!

まずは、コロコロを全体にかけます。
すると、毛玉が浮いてきますので、クシで毛玉をすくい取るようにとかします。これでかなりキレイにとれます。

それでも取れない場合は1個ずつ丁寧にハサミでカットしましょう。




その他の毛玉の取り方「ラップの切り口」

その他の毛玉の取り方としては、「ラップの切り口」があります。ラップやアルミホイルの切り口のギザギザのところで、セーターの表面をすーと滑らせて毛玉をカットすることができます。