2017/3/16放送のあさイチ!では「干し油揚げ」つまり「松山あげ」が特集されます。松山あげは愛媛県伝統の食材で、水分は3%食感はサクサク。あさイチ!ではこの便利に使える「干し油揚げ」「松山あげ」の魅力とレシピを紹介します。




松山あげとは?

松山あげとは、愛媛県伝統の食材で、もともと「干し油揚げ」と呼ばれていましたが今は「松山あげ」と呼ぶのが一般的です。

松山あげは、お豆腐を3ミリほどにスライスし、ギリギリまで圧縮して水分を取り除き、菜種油で丁寧にあげて作ります。

ってことは、べつに干しているわけではないのですね???てっきり干しているとおもっていましたよ~。圧縮(プレス)しているから水分が飛んでいるんですね!

水分は3%で普通の油揚げの10分の1。食感はサクサクで保存期間も約90日と長く油抜き不要なので重宝しそうですね

また、松山あげは、1世紀を超えて作り続けていて伝統を守っているので遺伝子組み換え大豆は使っておらず、高品質たんぱく大豆を使用しているので良質で高タンパクな油揚げなのです。

松山あげ(大判3枚)

松山あげは料理に便利!

松山あげは常温保存でで90日間も日持ちがするのでとっても便利ですよね。さらに、油抜きは一切不要なので、忙しい時に重宝します。

食感はサクサクしていてふわふわなんです!
井ノ原さん、益若つばささんもおいしいっていっていましたね。

で、家でさっそく『水菜と松山揚げの煮びたし』を作ってみましたが、あっけないほどはやくアゲに押しいい味がしみこみました!

でも、ゲストの方も干し油揚をそのままたべていましたね。干し油揚げってそのままでもおいしくたべれちゃいますから、かるく炙るだけでもお酒のあてになっています。

干し油揚げの簡単レシピ

干し油揚げは保存期間も約90日と長くて油抜きもしなくてよいので、どんな料理もぐっとコクを加えてくれますから重宝します。
 
あさイチでは、次の3つが紹介されていました


<干し油揚げ簡単ピザ>

干し油揚げを生地にみたてて、チーズやケチャップをトッピングしてトースターであたためるだけ。これだけでだけでおいしく食べれます。
 
<鯛飯に干し油揚げをプラス>
松山と言えば鯛めしです。干し油揚げをプラスをプラスするだけで一層おいしいです。
我が家では、ちらしずしや混ぜご飯などどんなものにもプラスしています。ホントおいしいです。

 
<干し油揚げ丼>
鶏肉に代わりに油揚げを使っているだけ。肉類がない時、昼食に便利♪
 

<地ダコとエビのあげ衣>
たこの入ったエビのすり身を干し油揚げで包んで揚げたものです。
地元では人気の定番メニューだそうです。我が家でも一度作ってみたいです。