2017/3/22あさイチは腰痛に即効の「拮抗筋ストレッチ」で改善する技とひざ痛を予防・改善するエクササイズや歩き方も紹介!つらい腰痛を拮抗筋ストレッチで改善し、ハイキングに役立つ、ひざ痛予防にエクササイズ、歩き方をあさイチで紹介します。

 




拮抗筋とは?

拮抗筋とは筋肉の裏側、反対側の筋肉のこと、
筋肉運動の際に反対の動きをする筋肉のことです。

太ももの裏側の筋肉が硬いと、骨盤がうまく動くことができないので腰痛の原因となることがあります。前屈をしたときに手がつかない人は、太ももの裏側の筋肉が硬くなっています。

実は固くなっている筋肉そのものを伸ばすことをするよりも、反対側の筋肉をしっかり伸ばしてあげることで固くなっている筋肉が柔らかくなるということがわかっています。

あさイチ!腰痛対策「拮抗筋ストレッチ」

太ももの後ろの筋肉が硬いと、前屈などの動作の時に、骨盤が動かないので腰に負担がかかります。このために腰痛になりやすくなってしまいます。拮抗筋ストレッチをすることで太ももの前側の筋肉を縮め、太ももの後ろの筋肉がしっかりと伸ばされます。

この「拮抗筋ストレッチ」を実践することで、太ももの後ろの筋肉が柔らかくなり、前屈をした時も腰の負担が減り、腰痛が改善できるのです。ですから「拮抗筋ストレッチ」は、腰痛の予防としても効果的です。

また、拮抗筋ストレッチは、腰痛改善だけでなく、肩こり改善や運動能力向上にも効果が期待できます。

拮抗筋ストレッチを毎日の生活に取り入れましょう!

 
■腰痛・肩こり■こちらも参考にどうぞ!

腰痛対策:骨盤ゆらゆら体操|この差って何ですか!(3/21)
あさイチ!肩こり&ウエストに効く! 横隔膜エクササイズ(3/22)
あさイチ!膝痛予防ストレッチ・スクワットやり方|歩き方(3/22)




腰痛対策「拮抗筋ストレッチ」やり方

手が床につかない人は太ももの裏側の筋肉が固く成っています。つまり、腰を曲げようとする時、骨盤がうまく使えずに腰だけで体を倒してしまいます。

あさイチで紹介されたのは、そういったこと改善するための太ももの固さを取る拮抗筋ストレッチです。

1.脚をすこし開いてしゃがむ

2.足首の後ろを持つ

3.おなかと太ももを離さず膝を伸ばす。

4.息を止めずに10秒間伸ばす。

*10秒間がキツイ人は短くてもOKです

これを朝晩それぞれ5回します。

 
*お風呂上りがより効果的です

太ももとおなかを離さず行うのがポイントで、股関節の角度を一定にし、太ももの前の筋肉を縮んだ状態をキープすることで、太ももの裏側の筋肉をよく伸ばすことができます。

<ポイント1>
太ももの後ろの筋肉が伸びていることを意識しましょう!
太ももの前の筋肉を縮めて、後ろの筋肉をしっかりと伸ばしていることが大切です。ただし、無理に伸ばす必要はありません。

 
<ポイント2>
太ももとおなかを離さないようにしましょう!こうすることで太ももの前の筋肉を縮めた状態をキープでき、太ももの後ろの筋肉をしっかり伸ばすことができます。

 
あさイチのモニターの方は、腰の痛みが半分和らぎ、さらには身体も柔らかくなっていました!腰痛に悩んでるわたしも、1日2回朝夕に実践していると2~3日で効果がはっきりと出てきてかなり楽になってきました。(この放送は以前にもありましたので)

このストレッチは腰痛だけでなく、肩こりにも効果があるとおっしゃっていたので、これから毎日の習慣にしたいです。
 

■腰痛・肩こり■こちらも参考にどうぞ!

腰痛対策:骨盤ゆらゆら体操|この差って何ですか!(3/21)
あさイチ!肩こり&ウエストに効く! 横隔膜エクササイズ(3/22)
あさイチ!膝痛予防ストレッチ・スクワットやり方|歩き方(3/22)

 
今回の専門家は徳島大学大学院教授 整形外科医の西良浩一先生でした。腰痛改善のスペシャリストで年間のべ2000人近くの腰痛を改善しています。その西良浩一先生がこの腰痛に効く拮抗筋ストレッチを教えてくれました。