2017/3/22あさイチは膝痛を予防・解消するストレッチのやり方や正しい歩き方などを紹介していました。40代からのひざ痛は、太ももの前にある筋肉の衰えが原因。あさイチのひざ痛予防ストレッチ・スクワットやり方を実践して予防しましょう!




膝の痛みの原因

あさイチの女性500人を対象にしたアンケートによると膝に痛みを感じる人は半数以上でした。特に40代から痛みを感じる人が多く、膝の痛みの原因は大腿直筋の硬さによるものです。

日本医科大学整形外科学主任教授の高井信朗さんは膝研究・治療35年の達人ですが、膝痛の原因は太ももの前にある筋肉の衰えが最も重要と言ってました。

太ももの前側の筋肉「大腿直筋」が膝を支えています。この筋肉の力が弱まったり固くなったりすると膝の痛みが引き起こされるのです。

つまり40代以降は、のひざ痛改善にはこの「大腿直筋」を鍛えて柔らかくすることが大事なのです。

 

■ひざ痛 他■こちらも参考にどうぞ!

膝痛治療はトリガーポイント注射が効果的!? その原因Xにあり(3/24)

腰痛対策:骨盤ゆらゆら体操|この差って何ですか!(3/21)




大腿直筋を柔らかくするストレッチの方法


1.横向きに寝て、手を頭の下にしてリラックス。

2.上の脚の膝を曲げてつま先を手でつかむ。

3.膝を後ろに引っ張る。

4.左右それぞれ15秒、1回以上が目安

大腿直筋を鍛えるスクワットの方法

スクワットといえば脚を横に開いて曲げるのが一般的ですが、あさイチでは、岡田さんが足を前に出すスクワットを勧めていました。足を前後にスル方がバランスを取りやすいのと余計なところに力が入りにくいので筋力アップには効率がよいようです。

 

スクワットやり方

1.手を腰に当てて足を一歩前に出す。そしてさらに2足分程度前に出す。

2.体は垂直に保ちながらた全体を下に落していく。太ももが床と並行になるまでゆっくりと曲げる。

*痛い時は中止すること
*ゆくりと動かすことで負荷がしっかりとかかるのでトレーニング効果が高まります。

左右の脚10回ずつします。

膝を痛めない歩き方

登山の経験のあるかたなら誰もが経験済みとはおもいますが、上りより下り坂の時に膝を痛めてしまうことがよくあります。あさイチでは登山ガイドの鈴木桜子さんが下り坂などで膝を痛めにくい歩き方を紹介してくださいました。

1.なるべく脚の裏全体を地面につけた状態で、歩幅をせまくしてスタスタとなるべく早く歩くことです。

歩幅をせまくしてスタスタとなるべく早く歩くことで、膝の負担が少なくなり、膝を痛めにくくなります。

この歩き方はどんな場所でもおすすめの歩き方で、舗装されたところでも階段でも応用すると良いようです。

急な下り坂の時は、蛇行をすることで膝の負担を軽減できますし、太ももの左右の筋肉にも負担が分散されます。

 
■腰痛・肩こり・ひざ痛■こちらも参考にどうぞ!

膝痛治療はトリガーポイント注射が効果的!? その原因Xにあり(3/24)

あさイチ!肩こり&ウエストに効く! 横隔膜エクササイズ(3/22)

あさイチ!腰痛「拮抗筋ストレッチ」が即効のやり方!(3/22)

腰痛対策:骨盤ゆらゆら体操|この差って何ですか!(3/21)