2017/1/24放送のあさイチは人気の豆乳、徹底使いこなし術で、おいしく!簡単な豆乳レシピを紹介します。豆乳の低カロリー、骨粗しょう症予防に役立つ大豆たんぱく質がたっぷり含まれている豆乳の簡単レシピをあさイチが紹介します。




調製豆乳と無調整豆乳の違いは?

今回のあさイチテーマは、女性に人気の豆乳です。豆乳は低カロリーな上、骨粗しょう症予防に役立つイソフラボン、高コレステロール改善が期待できる大豆たんぱく質が、たっぷり含まれています。

調製豆乳は、大豆固形分6%以上・大豆たんぱく室3%以上・砂糖や塩や乳化剤などをいれて飲みやすいように調整したもの。

無調整豆乳は、大豆固形分6%以上・大豆たんぱく室3%以上・減量は基本的に大豆と水だけを使ってつくられています。

豆乳は沢山飲めばいいわけでもなくて1日200mlくらいがちょうどいいようです。




あさイチ!豆乳 簡単レシピ!

そこで、今回のあさイチでは、おいしく!簡単に豆乳を使いこなす技・レシピをご紹介します。 ここでご紹介する豆乳レシピはすべて無調整豆乳を使用しております。意外なおかず、そしてスイーツも登場します。

豆乳簡単レシピ!豆乳鍋

 ★☆★豆乳鍋★☆★

昆布だしで豆乳を薄めるのがコツです。塩分が多いものほどモロモロができやすいので、昆布のだしで割った豆乳で鍋を作ります。。

昆布だし:豆乳を5:5以下にするとモロモロになりにくいです。

*このようにすると味がかなり薄いので、食べる時のつけだれをつけて食べるようにします。

*肉はなるべくアクの少ない鶏肉がおススメです。

ポイント
豆乳と昆布だしを1:1で合わせること!

豆乳鍋をモロモロができないように作るポイントは、豆乳スープの作り方でした。塩分が多く含まれる調味料を使わず、豆乳と昆布だしを1:1で合わせることです。

塩分が含まれる調味料を加えない理由は、豆乳に含まれる大豆たんぱく質の性質にあります。塩分が多いと大豆たんぱく質同志がくっつきやすくなり、“モロモロ”の塊となります。そのため、塩分が少なてく、あっさりしながらも味に深みが出る昆布だしを使うとよいのです。

 

豆乳簡単レシピ!湯葉

 ★☆★湯葉の作り方★☆★

★ホットプレートを利用して作ります。

1.5mm~1㎝の高さに豆乳を注ぎます

2.温度を140度に設定し、ヘラを使いながら湯気が出るまでかき混ぜる。

3.豆乳から泡がでてきたら保温にします

4.豆乳の水分が蒸発しやすいように団扇であおぎます。

5.うちわであおいて約30秒ほどたち、表面がしわしわしてきたら引き上げのサインです。中心に向かって湯葉を集めるようにして、引き揚げます。

*つゆは白だしにゆずこしょうを入れたものがおすすめです。

 ★☆★スイーツアレンジ★☆★

湯葉を作ると、次第に大豆オリゴ糖の割合が増えて甘みが増していきます。後の方のものは甘味が増してきますから果物のトッピングとして利用するのがおススメです。

 

豆乳簡単レシピ!豆乳プリン

 ★☆★豆乳プリンの作り方★☆★

豆乳 100ml
バナナ 1本

1.バナナを約5ミリ幅の輪切りにする。軽くレンジにかけますます(2分間程度)

2.耐熱皿にバナナを並べ、ラップをし、電子レンジ(600ワット)に2分間かける。

3.レンジであたためたバナナと豆乳をミキサーにかけます。

3.冷蔵庫で1時間ほど冷やして出来上がり。

*レンジにかけることでバナナが黒くなることを防ぎます。
*お好みで砂糖を加えてください。

 
 ★☆★豆乳ホットケーキ★☆★

【材料】3枚分

豆乳         100ミリリットル
ホットケーキミックス 150グラム
卵(Mサイズ)    1コ

【作り方】

1、ボウルに卵を割り入れ、豆乳を入れて、泡立て器でよく混ぜる。

2、ホットケーキミックスを加え、ざっくりと混ぜる。

3.一般のホットケーキを焼く要領で表面に気泡が出てくるまで弱火で焼き、ひっくり返して2分。

*豆乳を使ったホットケーキの方が牛乳よりもふっくらと仕上がりやすいので、それも嬉しいですね♪




 

豆乳簡単レシピ!キンカントリンク

 ★☆★キンカントリンク★☆★

こちらは2017/1/23放送の『主治医が見つかる診療所』で紹介されたもので、免疫力アップに最強ですので、風邪をひきやすいこの時期、是非召し上がっていただきたいドリンクです。

【材料】
キンカン
甘酒
豆乳

【作り方】
キンカンをジューサーにかけて、甘酒と豆乳を混ぜ合わせたら完成です!

 

豆乳簡単レシピ!豆乳マヨネーズ

 ★☆★豆乳マヨネーズ★☆★

通常のものよりカロリーも2~3割カットできるヘルシーなマヨネーズです。
材料を瓶に入れて振るだけ!2分で出来る豆乳マヨネーズ♪

通常のマヨネーズは卵黄のレシチンを使って乳化させる
→ 豆乳にもレシチンが入っているので卵は不要!

【材料】作りやすい分量

豆乳     50グラム
なたね油   ※サラダ油でも可100グラム
酢      小さじ2と2分の1
粒マスタード 小さじ2
てんさい糖  ※砂糖でも可小さじ2
塩小さじ   2分の1

【作り方】

1、すべての材料を保存瓶に入れ、2分ほど上下にふって混ぜるだけです


※ 置いておくと分離するので使う前に振ってください

2、全体が白くなったら完成♪

固いマヨネーズ作り方

1、豆乳と油だけを先にブレンダーでしっかりと混ぜる。

2、その後他の材料をすべて入れ、再びブレンダーで混ぜます。
好みの固さになれば完成です。

冷蔵庫で1~2週間程度は保存できます。

サラダにはもちろん、パンに塗ったりしても美味しく使うことができます。

 

 

豆乳簡単レシピ!豆乳チーズ

 ★☆★豆乳チーズ★☆★

【材料】作りやすい分量

豆乳    200グラム
ーAー
 白玉粉   25グラム(大さじ3)
 酒かす   25グラム(大さじ1と2分の1)
 なたね油  ※サラダ油でも可40グラム(大さじ3)
 てんさい糖  ※砂糖でも可小さじ2
 塩     小さじ1
 酢     小さじ2分の1

【作り方】

1、ビニール袋にポリ袋にAと豆乳の4分の1量を入れ、そして白玉粉を入れてしっかりと手で揉んで混ぜます。

*白玉粉を入れることでとろけるチーズのようにとろ~っと伸びるようになります。

2、白玉粉に水分を染み込ませるために10分ほどおいておきます。

3、袋の端を切り、絞るように鍋に入れ残りの渡欧乳を加えて中火で加熱して生地を伸ばすようにかき混ぜる。

最初は中火で、沸いてきたら火を弱めます。

表面がグツグツした状態を保ちながら3分かき混ぜます。

しっかりかき混ぜるとで、チーズに近い状態、味わいになります。

4、バットにオーブンシートを敷いて3を注ぎ薄く伸ばし、粗熱を取り、冷凍して固めます。

5、固まったら取り出し、好きな量を切り取って料理に使うことが出来ます。

*冷凍庫で約1か月間保存可能。

細かく切り取って保存しておけば便利ですね♪